« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月15日 (土曜日)

お空で11さい

びっきお空で11才になりました。
何度も登場のこの写真は2004年のもの。
びっきもさんごも若いね。

夏から秋にかけてお友達が次々虹の橋へ。
さみしいです。

1318648904323.jpg

2011年10月 9日 (日曜日)

朝散歩

日の出とともに朝散歩です♫
1318112877880.jpg

2011年10月 2日 (日曜日)

別府温泉に行こう♪③*帰路へ

さぁ、そろそろ広島へ帰ろう~。

でもその前に入水して冷えた体を温めようってことになり。

2011100224

明礬温泉「山の湯」で、別府最後の入湯。

2011100222

露天はありませんが湯の花がたくさん。

とってもいい泉質だったので湯の花を買って帰りました。

2011100223

運動して温泉浸かったらおなかも空いてきたので道中のラーメン屋さんに。

広い店内ですが次々に人がやってきてあっという間に待ちができました。

↓ラーメン並、480円。餃子10ケ、いくらだったっけ?安かったです。

こちらのお店、ちゃんぽんと皿うどんが人気だそうです。

でも私が注文したラーメンもとても美味しかったです。


2011100227

そして道の駅っぽいところにドッグランがあったので寄ってみることに。

初対面の子が強そうだと、ズムは転がります。

2011100225

たとえそれが小型犬でも....。

2011100226

こちら、別の道の駅。の横のコスモス畑。

とーーーっても広いコスモス畑です。

なんとか写真におさめようと思いつつも広角じゃなきゃ無理な広さでした。

2011100230


2011100229


2011100228

コスモス畑を最後に真面目に帰路へ。

あっという間に関門海峡です。

2011100231

今回の九州旅もとっても楽しかったです。

温泉もいいし、食べ物美味しいし、ズムと私たちのお遊びスポットもたくさんあり。

行けば行くほど、次に行ってみたい所が見つかる九州、大好きです。

年内にまた行けるかな?!

最後まで見て下さりありがとうございました♪

2011100232

別府温泉に行こう♪③*由布川峡谷

こんなところに峡谷なんてあるの?と、不安になりながら、田んぼの中に民家がポツポツある田舎道を通ってやってきました。

駐車場に着いても、車1台もないしほんまにこんなところに峡谷なんてあるの?と、思ってしまいましたが。

2011100209

峡谷は少し歩いた先にあるようです。

2011100210

段々、道幅が狭くなりワクワク♪

2011100211

きた~!断崖絶壁の横に幅のせっまい急な階段が(笑)

とても長くて急な階段なので上手に降りないと落ちそうでした。

2011100212

着きました。

2011100213

ここはパワースポットらしく、ため息の出るような景色でした。

2011100214

上の方の岩と岩の間の橋を私たちは通ってきました。

2011100215

こんなとこに来て、入るなってわけにもいかないので入水。

2011100216

岩から水が滲みだしています。

2011100217

近くで触って見たくなり私たちも靴のまま入水(笑)

2011100218



2011100219

岩壁を触ってみると、岩より柔らかく粘土質より固いような、不思議な石でした。

ズムはなぜかここでスィッチ入ってキレ走り。さすがパワースポット(笑)

今まで見たことのない、とても神秘的で美しい峡谷でした。

2011100220


私たちが駐車場に戻ると観光バスやその他にも数台車が入ってきました。

階段は人がすれ違えるほど幅がないので登り降り交互で待たなくてはなりません。

と、言うことでこちら、早い時間がおすすめです。

別府温泉に行こう♪③*志高湖

朝、5時半に起床。6時から温泉に入り、ズムにご飯。

7時には人もご飯を食べ、相方は竹瓦温泉へ。

8時前にはチェックアウトしました。

先日、鶴見岳山頂から見えた湖に行ってみようということになり♪

「阿蘇 くじゅう国立公園 志高湖」という、結構大きい湖でした。

2011100202

飲める名水が流れていました♪

2011100204

白鳥や、鴨、あひるまでいました。

早速ズムはへっぴり腰に。

2011100205

鯉はすごい数!ここの鯉は人の足音だけでついてきます。

2011100207

エサ(100円)なんてやると湖から飛び出しそうな勢い(笑)

2011100206

広場がいくつかあってキャンプサイトには3~4組ほどキャンパーも。

もう寒いくらいの気温ですが空気が澄んでとても気持ちよかったです。

これからの季節きっと紅葉がきれいなことでしょう。

2011100208

ちょっとだけ放牧♪

2011100201

ごきげんさんです。

2011100203

のんびり散策したところで来る途中、おもしろそうな看板を発見したのでそちらへ向けて出発です。

2011年10月 1日 (土曜日)

別府温泉に行こう♪②*旅館でのんびり

宿で温泉に入ったら少しのんびりして宿周辺を夕散歩しました。

2011100160

少し歩けば海に出ます。

2011100162


2011100161

別府湾満喫♪

芝生の公園もあり、お散歩には困りませんでした。

2011100163

旅館から徒歩3分もかからない所に有名な竹瓦温泉。

翌日朝、相方だけ入りに行きました。

2011100164

夜はとても賑やかになる繁華街。

まだ、営業前で人も少なかったので散策。

2011100165

街灯がともりはじめたので旅館へ戻ります。

2011100166

夜は部屋食です。仲居さんが運んでくれます。

豊後牛に鴨鍋、点心にその他色々。

どれも美味しくボリュームがすごかったのでお腹いっぱいで食べきれませんでした。


2011100167

もちろん、ズムも頑張って芸者さんになり豊後牛のおひねりをもらってました。

2011100168

食事の後少し休憩して、旅館の貸切風呂へ。

とてもいいお湯でした。

お布団はまた仲居さんが敷きに来てくれます。

わんこ専用のお宿だと布団見るまで色んな意味でちょっとドキドキなのですが(笑)。

ここはとても清潔なお布団でした。なのでぐっすり寝ることができたのでした♪

別府温泉に行こう♪②*午後の部・鶴見岳~

ロープウェーから見えた景色です。

雲が多かったけどとてもきれいでした。

2011100153

ロープウェーは20分刻みで出発するので少し山頂を散策。

2011100154

展望台から雲の合間を見つけてはパチリ。

数分間の間に雲で景色が全く見えなくなったり、視界が開けてきたり。

とてもいい景色で飽きなくて1時間くらい眺めてたと思います。

往復のロープウェーからは鹿にも会えました。

紅葉の季節はまたきれいなんだろうなぁ~

2011100155

駐車場に戻り、再び寝ぼけ眼のズムを放牧~。

熟睡できたようでだいぶ元気も復活してました。

2011100156

そして、今回の旅は別府界隈でのんびり過ごそうということで金曜日に車の中から宿を予約しまして。

15時近くなってきたので早々にチェックインです。

宿は「野上本館」。広島市の流川のような街中にある古い旅館です。

ペット専用のお宿ではないのでペットシーツもなく、もちろん、ドッグランなんてものもないのですがペット料金は無料です。窓からの景色も良くないし、和室のこじんまりした部屋だったけど体を休めるには十分でした。

2011100157

別府温泉に行こう♪②*午後の部

8時から11時頃までのんびり地獄を巡ったので朝ごはん食べるの忘れてました。

と、言うことで早めのランチ♪はこちらへ。

2011100159


この、特上天丼が有名だそうで、お昼(12時)頃行くとかなり待つらしいです。

私たちは11時過ぎに行ったので待たずに頂くことができました。

天丼って人生で数回しか食べたことないけど美味しかったです。

2011100145

せっかくなので奮発して関アジのお刺身も♪

こちらもとっても美味しかったです。

2011100146

歩いて食べたら温泉でしょ!と、いうことで

本日3軒目の温泉へ。

2011100147

ちょうどお昼時だったせいか途中から貸切に♪

こちらもと~ってもいい温泉でした。

2011100148

リフレッシュしたところで鶴見山麓にやってきました♪

2011100149

芝生広場にはだれもいなくてズム放牧。

2011100150_2

しばし遊んだところでズムには車で休んで頂き私たちは♪
2011100151_2

これで、鶴見岳山頂まで登りました♪
2011100152_2

別府温泉に行こう♪②-家族で地獄八か所巡り*白池地獄、血の池地獄、龍巻地獄

白池地獄です。

2011100135

ここでは珍しい熱帯魚がいました。

2011100136


2011100137

ビビりスポットはもうないな~と思いきや...。

もう、鯉すら怖くて近づけないズム(笑)

2011100138

血の池地獄

2011100140

鉄分が多いから?まっかっかでした。

2011100139

ズムもお疲れだし一息入れようとここで足湯へ。

2011100158

お疲れのようだし、ズムは車においておこうと思ったら行く気満々だったので。

最後の龍巻地獄です。

3~40分に一度、数分間だけ、下から温泉が吹き上がります。

2011100141


2011100143

ズムちゃんお疲れ様でした。

2011100144


私たちもズムも?想像以上に楽しめた地獄めぐりでした。

わんこ同伴なら開園とともにまわり始めると観光客もまだ少なくいいかもしれません。

この日はいいお天気でちょっと暑かったけどこれからの季節はとてもおススメな旅だなぁと思いました。

別府温泉に行こう♪②-家族で地獄八か所巡り*かまど地獄、鬼山地獄

かまど地獄です。

2011100126


2011100127

山地獄が強烈過ぎて骨休め?に最適な地獄でした(笑)

2011100128

そして、鬼山地獄。

2011100129

鬼山地獄の敷地内に民家があるんですね。

そこのわんちゃんとご挨拶♪

2011100130

そんな和んだ雰囲気を打ち消したのはこれ。

2011100131

こうやって柵に向かって抱かれると悪い予感しかないズム。

2011100132

凶暴な種類はガラス張りになっております。

2011100133

ワニが大量にいたのでした。

鬼山地獄というよりワニ地獄じゃった(笑)

2011100134

別府温泉に行こう♪②-家族で地獄八か所巡り*山地獄

お次は山地獄。

入口で動物がいますので犬は絶対放さないで下さいと。

いったいどんな動物が?

2011100116

いました!クジャクが。

ここではズムちゃん興味津々♪

2011100117

いました!カバの昭平くんが。

2011100118

観光客にエサをもらうせいか下をのぞいただけででっかいお口をアーンと開けます。

それ見てズムちゃん、びびりまくり。

近寄らなきゃ見れないでしょ?ってことで抱っこしてあげました(笑)


2011100119

フラミンゴもいた!そしてズムはもう尻尾下がりまくり(笑)

2011100120

なんと象までいた!のに、ズムは存在に気づきこの通り見ぬ振り(笑)


2011100121

もう、お尻押しても柵という柵に近寄らないズム。のその先には...。

2011100122

これ、なんだっけ?アルパカ?

2011100123

お猿さんに関しましては遠くから威嚇されてこの通り。

2011100124

100円でエサが売ってたので手渡しであげました♪

ちょうだいちょうだいっておねだりします♪

私が近づこうとするとズムが後ろに引っ張るのでこんな写真しか撮れないじゃん(笑)

2011100125

ズムちゃん、ビビってばかり。

ああ、勇敢なびっきと来てたらもっと楽しかったのに~(笑)な、山地獄だったのでした。

別府温泉に行こう♪②-家族で地獄八か所巡り*海地獄、坊主地獄

地獄八か所全て犬も同伴できるということで8時開園とともに一番乗りで出発です。

2011100108

門をくぐると噴煙?とともにきれいな睡蓮が迎えてくれました。

2011100110

2011100110_2

ここにはいろんな種類の睡蓮がありとてもきれいでした。

2011100112

ズムと一緒に売店を通り抜けます。

2011100111

海地獄。なんともいえない綺麗なブルーでした。

2011100112_2

足湯があったので温泉たまごを食べつつ休憩。

2011100114_2

道脇に温泉が流れてたのでズムも無理やり足湯。

2011100113_2

次は隣の坊主地獄。

2011100114_3

粘土質のものがボッコンボッコン吹き上がっててズムは不思議そうに見てます。

2011100115


つづく

別府温泉に行こう♪②-朝風呂編

昨晩の道の駅は私たち以外に2組のライダーしかいなくてとっても静かで快適でした。

そんなわけで、朝6時半には別府SAに到着~♪

2011100101

別府湾が一望できるドッグランがありました。

2011100102

ズムちゃんですからドッグランに放牧したって走りません。

とーってもいい景色でしたが雲が多くてちょっと残念でした。

20111003

そんなわけで、7時前にはこちらへ。

別府旅、2軒目の「神丘温泉」。

えっとえっと、ここら辺のはずなんだけど...はい!うろうろしましたよ。

だって、まさか!!!な、こんな入口ですから(笑)

中へ入ると雑貨屋さん。奥の部屋でおばあさんがコタツに入って店番しておりました。

2011100104

入湯料@100円。6時からやってます。

相方は泥湯に入りたくて来たらしいのですが残念。泥湯は数年前にやめたとのこと。

ひとり地元の方がいらして色々お話が聞けました。

すでに閉鎖されてますが向かいに原爆センターという原爆症認定患者の保養施設があり患者さんが多く入られていたそうです。

建物も浴槽も古く、しかも、男性の脱衣所は通路だったらしい。

けど、加水無しのとってもいいお湯で気持ち良かったです。

お肌がツルツルになるのがわかりました。


2011100105

そして、その隣には比較的新しい薬師寺温泉「丘の湯」が。

ついでなのでこちらもタオル1枚持って入ることに。

無人なので入湯料はお地蔵さんにお参りしつつ100円~。

2011100106

中は脱衣所と浴槽がつながってましたがまだ新しくきれいでした。

源泉温度が高いらしく少しずつ水を入れなければいけないようですが

誰もいなかったので熱めが好きな私は水を止めて入りました。

こちらもとってもいいお湯でした。

2011100107

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »